ノンエーの使い方は?

   

ノンエーはニキビに効果がある石鹸ですが、どのような使い方をするのでしょうか?

 

何か特別な洗顔方法があるのでしょうか?ノンエーの使い方について詳しく調べてみました!

 

ノンエーはどんな商品?

ノンエー石鹸はニキビで悩む方々たちのために開発された商品です。

ニキビ専用の洗顔石鹸といっても色々な商品が販売されていますが、ノンエーは様々な点で優れたニキビ用洗顔石鹸と言えるでしょう。

まず、ノンエーには炎症ニキビの炎症を抑える効果があります。

炎症を起こしたニキビには使えない商品が多い中、ノンエーはグリチルリチン酸ジカリウムの消炎作用により炎症を抑えてくれるからです。

また、繰り返しニキビができないように予防してくれます。

ノンエーは洗浄力が高く、毛穴に残っている余分な角質や固まりこびりつき始めた皮脂をキレイに除去してくれます。これにより、ニキビの最大の原因である毛穴の栓ができる予防をしてくれます。

高い洗浄力を持つノンエーですが、他の洗顔石鹸によく使われている界面活性剤を使用していません。界面活性剤は肌の汚れはよく落としてくれますが、肌に残りやすいのが難点です。

それなのに、ノンエーの洗浄力が高い理由は、弱アルカリ性であるということです。

アルカリ性には余分な皮脂や脂汚れを溶かす作用があります。

さらに、無着色料・無香料・無エタノール・無鉱物油の石鹸ですから、安心して使用でき、かつ環境にも優しい優れた石鹸と言えますね。

 

ノンエーの使い方

ノンエーの優れた効果を最大限に引き出すにはどのような使い方をすれば良いのでしょうか。

最初に、しっかりと手についた菌を洗い流します。汚れた手でそのままニキビに触れてしまうとニキビを悪化させてしまう原因になりかねません。

そして、水またはぬるま湯でノンエーを泡立て、ゴルフボール2〜3個分の泡を作ります。ぬるま湯で泡立てる場合の湯の温度は、基本的には体温と同じ温度にしてください。オイリー肌の場合は体温より少し高い温度にしても構いません。

この時、泡立てネットを使うと、より一層の泡立ちが可能です。泡立てネットを使う場合は、優しく4〜5回滑らせるようにノンエーをつけて、ネットを揉み込むように泡立てます。水分は少なめで大丈夫です。すると、きめ細かなしっかりとした泡が出来上がります。

その後、その泡を顔全体に包み込むように撫でるように広げます。この時、こすらないように広げるのがポイントです。こすってしまうと、肌に刺激を与えることになりますので、逆効果です。ひどい場合は肌を傷つけてしまう恐れもあります。ノンエーは洗浄力が高いので、のせて広げるのみで汚れは落ちます。

特に肌の汚れが気になる方はダブル洗顔しても構いません。

最後に、ぬるま湯で十分にすすぎます。泡を残さないようにし、ここでもこすらないようにしましょう。そしてタオルで優しく押さえるようにして水気をしっかりと拭き取ります。

ノンエーはメイクも落とせますので、その場合はダブル洗顔してください。スポンジやタオルを使うのではなく、必ず手で洗顔するようにしてください。

ノンエーは継続して使っていくことにより効果が出てきます。

どのくらいで効果がでるかは個人差がありますが、皮膚の再生周期であるターンオーバーの期間が一つの目安となります。

1回のターンオーバーは約28日と言われており、1ヶ月くらいで肌は生まれ変わります。ターンオーバーの切り替わりの時期からノンエー石鹸を使い始めたと仮定すると、次のターンオーバーが始まった頃の使い始めから1ヶ月少ししたあたりに効き目が現れるということです。

仮にターンオーバーの中頃あたりから使い始めた場合、次のターンオーバーが始まるまでに1ヶ月半くらいかかりますので、ここで時間差が現れます。

肌の状態があまり良くない方は、2、または3回のターンオーバーあたりから効き目を感じられるという人もいます。焦らずにじっくりと使い続けるということが必要です。

 

ノンエー口コミはこちら!

 - 未分類